テープ起こしのスタッフ

テープ起こしや翻訳の作業は、パソコンがあればどこでもできる仕事です。そのため、多くのテープ起こしや翻訳会社は在宅の作業者に仕事を依頼して、それをメール等で納品してもらうというスタイルをとっています。

わざわざ毎朝定時に出社するために満員電車に乗って会社に出勤せずとも、自分のペースで仕事ができるというのは、ある意味魅力的な仕事スタイルだと思います。依頼された仕事をこなして納品すれば、あとは自分の時間が確保できるわけです。

会社で仕事をしているとそういうわけにはいかず、決まった時間までは拘束されるので、時間的には断然自宅で仕事する方がいいわけです。在宅勤務の場合、待遇は正社員ではなく、有期や無期の在宅スタッフという扱いで、基本給はなく、完全出来高制をとっているところが多いようです。

だからといってぐだぐだ仕事をしていると納期期限に間に合わなくなってしまうので、メリハリは大事ですね。大体60分程度の音声だと早くても3日以内には納品する等の期限があるので、ペース配分は守りつつ、その上で自分の時間も有効に使うっていうオンオフができてないと在宅での仕事は難しいと思います。

さらにクリアな音源であればいいですが、痛みがあるような音源の場合は時間を倍取られることになるのでそこも考慮した作業スピードが要求されますしね。

それに案件1本だけだととても生活していくことはできません。そのため、ある程度の作業ボリュームをこなさないと、その仕事だけで生計を立てていくというのは難しいかも知れません。複数の会社に登録して、仕事をたくさんまわしてもらったり、知り合いやツテを頼るというケースも少なくないようです。

仕事を依頼するテープ起こしや翻訳会社も、早くてミスなく正確にきちんと仕事をしてくれるスキルの高い業者に必然的に依頼が多くなります。

そこでお勧めしたいのがテープ起こしのACNです。